2009年10月31日

民から官でなにが問題



大蔵の「十年にひとり」の大物が新社長の郵政。
株の公開はやめて、事業を再編、郵便もっているカネの国外流出がとまる。日本の銀行は国債を買わなくてすむようになるから、市中にお金がまわりはじめる。
改革派の人たちは大騒ぎ
おまけに「なんぜ元官僚が」とあの自民党が怒っていたり。
社会保障費を増やすのだから、増税は仕方がない。
でも昔よりいいでしょ、社会報償費けずりながら、総勢していた自民党より。

どっちかしかないんだ、本当は

社会保障費を増やして増税するか
社会保障をけずって減税か

社会保障をけずって、増税したんだからよくなるわけがない。

郵政がはきだしたカネは日本の金融機関にきたのかね、この数年で。
どうだったんだ。

「すぐれた才能があるから」なんてことは本当かどうかわからない。

ではなにが問題なのかといえば、ご本人が受取ったお金である。

「わたり」のなにが悪いかっていえば、常識にかなわないくらいの退職金はもちろん、派手な出張いったりして仕事もしないで報酬だけ高いってことが一番だ。
そしてその割に、役人の後輩を使って行政をわけのわからいものにするってのがその次。

だからいまさらジローと呼ばれる斉藤さんと、その一派たちは、
「退職金は全部返します、受取ってもらえないのだったら、国に寄付します、後輩たちをつかってなにかしようなんてことはしません、民間の企業としてCSRを実現して社会奉仕します」くらいの宣言をしてしまえばいいこなのだが。
連中が変な蓄財をしていたから抵抗が強いわけだ。今までの官僚とは違うのだ、それをお金ではっきりと説明すればいい。
そして、これから先はこんな濡れ手に粟のカネが得られないように、官僚の仕事の仕組みを変える、のが政府の仕事だろう。

そういう手立てを用いないから、なんかこそこそやっているのは、結局私腹を肥やすからだ、って言われて、いつまでたっても実行力のない行政が続くだけだ。そのうち袋叩きになって2年後、総理が変わればまた変わるだろう。
鳩山の次は菅に間違いがない。小沢院政のもとで総理をやるくらいは朝飯前、岡田の線はちょっと薄くなりつつある。で、そろそろ選挙だから、選挙の顔が必要ってことで、4年間で一番仕事をしたと国民が思う人物をもってくる。次の次の総選挙はダブルになる公算が高いから、ここで本当の二大政党になるんですかね。

その間に社民党は連立を離脱、国民新党は合流、自民党の一部が民主へ、話がこじれてくれば民主からも自民へって動きかな。
posted by 遠藤カンジ at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。