2009年10月13日

官僚たちの秋



羽田をハブにしたい、って反対するのは千葉県民、いや成田市とその周辺くらいなもんだろう。
ダム中止に反対するのが「元反対の地元住民」であるのと同じ。
箱ものを作るのに囚われて過ぎて、それがネットワークして価値を何倍にもしようというのは世の趨勢だからね。
経団連のご用TVの「WBS」では繰り返し日本にハブ空港やハブ港がないから、仁川空港や釜山港に人も荷物ももっていかれていることを報道して、羽田のハブ化、港湾整備の考え方を改めるように求めたいた。ここにきて敵対しているはずの民主党政権でそれがあっというまに主張してしまうこの事態にどう反応するのだろう。

24時間運用のハブにして人とモノを動かせば、そこに金は落ちるのだ。
ドバイを例にあげるのは凡庸すぎるが、あそこはアラブにあっても石油がでないのに、繁栄しているのはなぜか。
資源のない日本はあのモデルが参考になるなんてことを寺島実郎は去年から言っていた。
それは本当なんだろうけど、じゃあ成田空港っていったいなんだったよ、ってことだよな。
これから機能が強化されるわけでもなく、羽田に抜かれてしまってはもう存在意義がない。新東京国際空港から、千葉空港にでも名称を変更、羽田のバックアップとして、着陸料金でもディスカウントして細々やるしかないだろう。
国としてやれるのは、成田周辺にある空港サービスや航空サービスの産業を羽田周辺に移す費用を見るとか、客足が減る交通業界に補償するとことになるだろう。
こういう「税金の使い方」は全国の空港、港湾設備に関しておこなわれていくだろう。ネットワークモデルで運用されるものは、部分最適化では利益がでない。全体最適化をしないと意味がない。
この全体最適化ということは今の役所の仕組みでは難しいらしいから、乱暴だがこういうやり方になったのかもしれない。世論を味方に、中央突破、なんだか小泉みたいだ。
そこに前原の本質がでてきたとも言える事件である。

こういう地元の意向を無視したやり方は「民主主義なのか」と言われるだろう。成田は歴史的にこれの恨み事を二度も言うことになるのだ。
官僚は自分たちのしたことには間違いがないと言張ることが仕事といってもよい。そういう決まりだからそうしました、それが否定されない限り自分たちで改めることはしない、そういう原則。
民主主義かと問われれば、官僚や役所に民主主義はわからない。
そういう人たちに過大な権限をあたえてきてしまった今までのつけを払うことになってしまっているのがコンクリートに払う金なのだ。
それを清算してしまうのは確かに良いことなのだが、その先に官僚たちはどうやって生き残ろうとしているのか。そこに新たな権益ができないように監視すべきだ。


posted by 遠藤カンジ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

沖縄 ハブ空港
Excerpt: キジ島の木造教会 来年には都心と成田空... 国交相、羽田の国際ハブ空港化示す橋下知事と会談.2009年10月12日14時37分。 提案と回答4/2の12有明佐賀空港の国際空港化.現在福岡空港の移転..
Weblog: 話題のニュースの真相とは?
Tracked: 2009-10-13 19:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。